目の紫外線対策

Home / 院長コラム / 目の紫外線対策

夏も近づき日差しも強くなってきました。

屋外でのスポーツやレジャーなど長時間の外出時にはサングラスの着用をお勧めします。私もベイスターズ時代にグランドに出る際は日焼け止めとサングラスは欠かせないものでした。サングラスをすることで目の疲れ方はまったく違うものでした。

ファッション性もサングラス選びの一つですが、重要なのはレンズの機能です。

単純に色の濃いレンズですと多くの光を取り込もうと瞳孔が開いた状態になります。
紫外線をカットする機能がないとより多くの紫外線を目に取り込んでしまいます。
長時間、強い紫外線を浴びることで白内障のリスクも高くなり、角膜が紫外線を吸収するとメラニン色素のが増え肌が日焼け(黒く)なると言われています。

スポーツサングラスには太陽光から目を守る、視界の確保の目的以外に外傷から目を守る保護も求められます。
ボール等が当たって目を保護するためのレンズが割れてしまったりすると怪我が大きくなることもあります。
外から加わる力にも負けないしっかりと保護できる強さも大切です。

IMG_0217

紫外線をカットする機能の他にギラツキをなくす偏光レンズ、周囲の明るさによってレンズの色の濃さが変わる調光レンズ等もあり、高価なものではこの機能をすべて備えているレンズもあります。

フレームもサングラス選びでは大切ですね。紫外線を極力取り込まないように顔とサングラスの間になるべく隙間のないものが目には優しいですね。
子供用のサングラスもおもちゃのサングラスではなく機能のあるものを選んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です