なかなか治らない痛みの原因

Home / 院長コラム / / なかなか治らない痛みの原因

肩の痛みがなかなか治らない、と悩まれている方がいらっしゃいます。

骨や靭帯等の内部的な損傷がなければ
痛みが長く続いている場合、原因が変わっていることがほとんどです。

例えば転んで肩をひねった時、はじめは肩が痛いけれども
その炎症が治まれば痛みは無くなるはずですが、
痛みが出ないように肩をかばうことで
肩の周りの筋肉が異常緊張をおこし、肩関節の動きが悪くなります。

この時に硬くなった筋肉や関節は炎症が治まっても
受傷前の状態に戻らないことが多く、
「なかなか治らない」と感じる訳です。

これは肩に限ったことではなく、膝や肘など他の個所でも同じです。

筋肉を柔らかくし筋力を回復させ、
本来の動きに戻すスポーツマッサージの効果は大きく、
さらに鍼やストレッチ、関節のモビリゼーションを加えることで
より良い効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です