テニス肘

Home / 院長コラム / / テニス肘

テニスプレーヤーに多く診られる症状であることから
「テニス肘」(テニスエルボー)と呼ばれている、肘の外側に痛みを感じる症状。
とはいえ、テニスプレーヤーに限った症状ではなく、日常生活の中でもおこりうる障害です。
テニス肘になると、雑巾を絞ったりビンの蓋を開けたり、指や手首を反らすと痛みが増します。
長・短橈側手根伸筋(手首を反らす)、総指伸筋(指を反らす)の障害と考えられています。

初期症状では肘の外側や腕の外側の筋肉に炎症があり、筋肉の硬縮もつよく現れます。

痛みをつよく感じている初期の段階でのストレッチは逆効果。
まずは炎症や痛みの軽減を目的としてのアイシングが重要です。

当院では、肘や手首の動きに負担がかかり過ぎていないか、肩や肩甲骨の動き、腰の張り等の確認をおこない、
患部だけではなくこれらの部位のケアをし、早期回復のための治療を行っています。
さらに、痛みがとれた後は、再発防止の筋力トレーニング指導をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です