「東洋医学と西洋医学の融合の可能性」 勉強会

Home / 院長コラム / 「東洋医学と西洋医学の融合の可能性」 勉強会

東京大学医学部付属病院リハビリテーション部
鍼灸部門 主任 粕谷大智先生の勉強会に参加させていただきました。

目の疲れでなぜ首や背中の張りや痛みがでるのか、呼吸との関連や腰部脊柱管狭窄に対して末梢神経への鍼刺激による神経根の血流増加反応など、解剖学的な所見を鍼灸でアプローチする講義・映像確認・実習のとても濃い内容でした。東洋医学と西洋医学の融合の可能性を学ぶ勉強会となりました。

テーマ

「頸肩腕症候群(痛み)に対する現代医学的鍼灸 効果を導く触診、刺鍼部位・刺入深度」

「頸肩腕症候群に対する鍼灸・手技療法」

「腰部脊柱管狭窄に対する鍼灸治療 効果を導く触診・刺鍼部位と刺入深度-」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です