トミー・ジョン

Home / 院長コラム / / トミー・ジョン

中日ドラゴンズ 吉見投手がトミー・ジョン手術
(内側側副靭帯再腱術)を行うようです。
投手の肘の靭帯には大きなストレスがかかります。このストレスに
より損傷もしくは緩くなって機能が低下してしまった靭帯を除去し、
身体の別の部位から摘出した腱を移植します。
横浜ベイスターズでもいくつか症例があり、手術にも立ち会った
経験がありますが、手術での高度な技術が必要なのはもちろん、
手術後のリハビリがとても大変でした。
本人は焦りや不安を常に感じていますが、絶対に急いでは
いけません。焦らず大事に一歩ずつ不安を自信に変えていきなが
ら練習のレベルを上げていきます。試合で登板できるまで1年~2
年はかかると思います。この長い期間、選手のモチベーションを
落とさせないようすることもトレーナーの大切な仕事の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です