様子をみる?

Home / 院長コラム / / 様子をみる?

他の治療院に毎日3か月間通っていたけれど痛みが引かず、
”様子をみましょう”と言われたそうで納得いかないけれど、
治療に通わないと更に悪くなるのでは。・・・と不安になり、
縁あって当院へ来院された方がいました。
患部をみると、さほどひどい状態ではありませんでした。
それにしても様子をみながらの治療期間が3か月とは長過ぎです。
治療が適していれば一回でも何らかの改善がみられるはずです。
痛んでいる個所と原因は場所が違う事が多々あります。
野球選手も肘が痛いと言って肘をみても悪いところはなく、
実は肩甲骨の動きが悪かった、という事がよくありました。
投手
さて、先の患者様は当院での治療後、膝の動きも改善し、痛みも
軽減しました。
現在は自宅でできるセルフケアとトレーニングをお伝えし、実行し
ていただいたところ膝の痛みもなく良好と報告いただきました。
長期間の治療で変化、改善が感じられなければ治療内容や痛み
に対して別のアプローチを考える事も必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です